学院の紹介

Home  >  学院の紹介  >   建学の理念

建学の理念

静岡英和学院は、2017年11月26日をもって創立130周年という節目を迎えます。その歴史を紐解くと、1887年(明治20年)、静岡県下最古の女学校「静岡女学校」の開校に遡(さかのぼ)ります。 静岡女学校は、当時、教育の機会に恵まれていなかった女子に対し、静岡の地において高い知性と教養を与えることを目的に、静岡メソジスト教会の日本人牧師の提唱に、当時の静岡県令等の地方有力者が賛同支援し、カナダ・メソジスト教会婦人伝道会社の積極的参加を得て、創立されました。本学院の建学の理念の根底には、カナダ・メソジスト教会及び婦人伝道会社のキリスト教精神と、県令(県知事)を始めとする当時の静岡の人々の教育にかける熱意があり、それは、

① 静岡の地に教育振興の場を設けること
② 教育振興のために、キリスト教の基づく人間教育を実践すること

という2点に凝縮されています。

この2点を踏まえ、創立以来、キリスト教に基づく人間教育を実践し、静岡の地に多くの有為の人材を輩出してきました。本学院は、2002年に男女共学の4年制大学「静岡英和学院大学」を設立し15年目を迎えています。また、「静岡英和女学院短期大学」も同年に「静岡英和学院大学短期大学部」に改組改変し、そして、2011年には男子学生の受け入れを開始し、今日に至っております。こうした背景のもと、大学・短大の「男女共学」と「女学院」というイメージのミスマッチを払拭するため、学校の設置母体である法人名称を2016年4月から「学校法人静岡英和女学院」から「学校法人静岡英和学院」に改称いたしました。中学校・高等学校については、6年一貫の女子教育を継続し、静岡英和女学院中学校・高等学校として歴史を積み上げています。 現在、少子高齢化、人口減少、人口の一極集中などの急速な社会変化を迎え、学校法人を取り巻く環境は一段と厳しさを増しておりますが、本学院は、今一度130年前の設立者たちの想いに立ち返り、地域社会に所在する学校として、建学の精神に立脚した学校教育を実践していきます。

静岡英和女子学院 理事長 石井博文



院長挨拶

 1887(明治20)年に創立された「静岡女学校」以来、静岡英和学院は130年の歴史を重ねてきました。その間には大火もあり、戦禍もありました。カリキュラム内で聖書を教えることを制限されたり、勤労動員のため授業を実施できなかったりといった辛い時期もありました。経営上の困難に出会ったことも、再々であります。
 しかし、静岡英和学院はくじけることなく、この静岡の地で、教育の業に励んできました。
そのおおもとにあったのは、キリスト教でした。神の愛によって建てられた学院は、神の愛によって結ばれた人々によって支えられ、神の愛をさらに伝え広めながら、働き続けています。
 静岡英和女学院中学校・高等学校、静岡英和学院大学、静岡英和学院大学短期大学部は、「隣人を自分のように愛しなさい」という聖句に基づいた教育により、愛と奉仕、愛の実践を志す人を育てています。なぜなら、この世のすべての人を愛しておられる神さまに導かれて、隣人を愛することを教えることこそが、人を育てるための最良の道と確信しているからであります。そのように育った一人一人が、地域に、世界に貢献する人となるのです。
 そして静岡英和学院の教育は、常にチャレンジであります。混迷し、出口の見えない闇の中にある世の中に対して、主イエス・キリストの光を指し示す私たちは、世の惰性に流されてはなりません。そもそも「静岡女学校」の創立は、偉大なチャレンジでした。常にチャレンジする精神が、静岡英和学院を育てていくのです。

柴田 敏


All contents Copyright (c) SHIZUOKA EIWAGAKUIN All rights reserved.
ページトップへ